alsok(アルソック)のホームセキュリティの特徴をまとめてみた。

今回は、アルソックのホームセキュリティの特徴を紹介したいと思います。

 

ホームセキュリティは色んな会社がサービスを提供してくれていますが、アルソックは他の警備会社と何がどう違うのかとかわからないことは多いと思いですよね…。

 

アルソックのホームセキュリティの特徴

 

アルソックのホームセキュリティの特徴は簡単にまとめると以下になります。

 

・待機所の数が業界で2番目に多い

・セルフ警備が選択できる

・カギの開け閉めも確認できる

・初期費用がかからないプランがある

・スマホでセキュリティ操作ができる

・災害見舞金制度がある

 

アルソックは、待機所(緊急発進拠点)が業界内でもかなり多く、約2400カ所も存在します。

 

待機所というのは、契約先から異常信号が発信された時、ガードセンターからの要請で現場に駆け付けることができるガードマンが待機をしてくれている場所の事です。

 

待機所が多ければ多いだけ一つの拠点が担当する範囲を狭くすることができるので、迅速に現場にむかうことができるようになります。

 

警護プランに関しては、通常のオンラインプランとは別にセルフ警護プランというものが選択できます。

 

オンライン警護プランというのは、取り付けられている防犯センサーを通じて契約先を24時間見守ってくれていて、異常があればすぐに駆けつけることができるようになっているプランになります。

 

対して、セルフ警護プランは、自宅にセンサー付きのカメラを設置することで自宅の様子を自分で見守り、必要な時にだけガードマンの駆けつけを要請することができるプランです。

 

セルフサービスになるので、オンライン警護よりは格安で利用することができます。

 

次に、カギの開け閉めの確認ですが、アルソックでは施錠確認センサーというものを利用することができますので、カギを閉め忘れていても未然に防ぐことができます。

 

施錠確認センサーは、2つのセンサーの距離が離れることで異常を感知するようになっています。

 

その為、戸締り確認が非常に楽です。

 

初期費用がかからないプランに関してですが、アルソックのホームセキュリティには、ゼロスタートプランというものがあります。

 

これは、工事費が月額費用に組み込まれているプランの事で、月額料金は少し高くなります。

 

ただ、長期利用するかどうか検討している段階で初期費用をできるだけ減らしたいという場合には、お勧めできるプランになります。

 

自宅の状態を確認したり、コントローラーを操作したりは専用のアプリである「ALSOK HOMEアプリ」があるので、便利です。

 

また、災害見舞金という火災や盗難などの被害にあった時に一律で10万円を受け取ることができる制度もあります。

 

免責金額がないので、被害が少額であったとしても10万円は必ず受け取ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です